家族葬の人数とは?

2018年02月07日(水)

hutisiki.png

 

皆様、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。 

厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年は昨年と比べ気温が低く、降雪量も多くなっているようです。

それに伴い、インフルエンザなど猛威を奮っているそうなので皆様体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

 

さて、よく湘和礼殯館淵野辺に来られる方は「家族葬」というのを口に致します。

上記のお写真はお式場内のものでいつものこのように見学出来る準備をしておりますが、お式場内をご案内すると同じ「家族葬」という言葉を口にした方でも、

「うちはこんなに来ないわ」「もう少し椅子を足して欲しい」といった真逆の事をおっしゃる場合もあります。

同じ「家族葬」なのに不思議ですよね。

家族葬は決まった定義がなく、人数やお声を掛ける範囲にに決まりなどはございません。

よく私どもがご説明する方法としては、どこまでをお呼びするか範囲を決めるのが家族葬とお伝えしております。

なので、ご家族数名でも家族葬ですし、家族にご親戚や数名の友人・ご近所の方をお呼びしても家族葬となります。 

「家族葬だから家族だけでやらなければならないですか?」とご質問を受けることもありますが、決まりはございませんので、お呼びしたい方をお呼びして頂ければと思います。

 

湘和礼殯館淵野辺では毎日10:00から16:00まで開館しております。 

ご家族数名の家族葬から沢山の方が来られるご葬儀までご相談を承っております。

また、2月17日(土)には10周年イベント「メモリアルフェア」 を開催致します。

税理士による相続セミナーやプロのカメラマンによるメモリアルフォト、通夜料理の面前調理・試食など様々な催しをご予定しておりますので、ご都合がつきます方はご来館くださいませ。

 

 

 

この記事のURL
Previous Entry is 六曜 >>

六曜

2018年02月04日(日)

皆さま こんにちは 営業プロデュースの室井です。

六曜は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→」の順で繰り返されています。「友引」は「友を引く」を意味し慶事は喜ばれますが、葬儀は忌んだ方が良いと言われており火葬場も休場のところも多く、この葬儀のお手伝いをしておりますと曜日よりも六曜の方が大きく関わっております。
この「六曜」の始まりは「月ごと」に決まっているそうで、「月ごと」というのは旧暦の月を指すそうです。旧暦の毎月1日に当たる日の六曜を、旧暦の1月・7月は先勝、2月・8月は友引、3月・9月は先負、4月・10月は仏滅、5月・11月は大安、6月・12月は赤口と決めるそうです。だから6日毎の周期的にならない時があるのですね。

寒い日の来館

2018年01月25日(木)

 

皆様、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。

先日は雪が降り、今朝は都内でも氷点下4度だったようで寒い日が続きますね。

寒いのが大の苦手な私はこの時期になると着込めるだけ着込み、何とかやり過ごします。

ですが、もしご葬儀のようにどなたかをお呼びする立場になると、この寒い時期は少しご心配になりますよね。

なので、湘和礼殯館淵野辺では寒い中お越しいただいた方のために、温かいお茶をご用意しております。

ゆっくりと椅子に掛けて入れたての温かいお茶を飲んで頂き、冷え切った体を温めて頂けたらと思います。

また、クロークなどのご準備もあるので無理をせずコートを着てご来館くださいませ。

寒いこの時期だからこそ、体も心も温まるお手伝いをさせて頂けるよう心がけます。

 

湘和礼殯館淵野辺では毎日10:00から16:00まで開館しております。

また、2月17日(土)には湘和礼殯館淵野辺が建ち10周年となりますので、メモリアルフェアを開催致します。

詳細は後日お知らせいたしますが、ご都合がつきます方はご来館頂ければと思います。

スタッフ一同、お待ちしております。

 

この記事のURL
Previous Entry is 木魚 >>

木魚

2018年01月16日(火)

%E6%9C%A8%E9%AD%9A.png

 

 今日は暖かくなり過ごしやすい一日ですがいかがお過ごしでしょうか?

 葬祭ディレクターの小山です。

 

先日、私事ですが息子と両親と一緒に水族館へ行ってきました。

昔から私も息子も海が大好きで、沢山の魚や迫力満点のイルカショーなどを見て楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

さて、そんなお魚ですがご葬儀に使われるお道具の中にも魚をモチーフにしたものがあります。

それが上記の写真に写っている、「木魚」です。 

魚は目を閉じずに寝ることから、怠けずに修行に励むようにと意味が込められているそうです。

木魚は室町時代から存在していたようですが本格的に使われるようになったのは江戸時代だそうで、使われるようになった理由としては、精神統一するためや眠気覚まし、木魚を叩くと煩悩が無くなるなど様々な諸説があります。

いずれも修行に励むお坊様の知恵が込められておりますね。 

 

湘和礼殯館淵野辺は毎日10:00から16:00まで開館しております。

常時専門のスッタフがおりますので、ご葬儀やご法事などご相談いただければと思います。

ご来館されづらい方はお電話やHPからメールでのご相談も承っておりますので、ご自身にあった方法でお話し頂ければと思います。

また、姉妹施設の湘和会堂町田で1月25日(木)に施設見学会を開催いたします。

ご都合がつきます方はどうぞご来館くださいませ。

 

 

土用の丑の日

2018年01月11日(木)

今日は一段と寒い日になりましたね。 葬祭ディレクターの山本です。

一月のカレンダーを見ますと 「 1月17日 土用  」 と記載されています。  

「土用」 にも春夏秋冬があり 1月17日は冬土用の始まりという意味で カレンダーに表記されるそうです。

昔は夏が主流だったうなぎも、季節関係なく手に入ることから

「土用の丑の日」も馴染みある言葉になった様な気がします。

1月17日から始まる土用は2月3日の節分までだそうですが、2月4日が立春ということから

「もうすぐ冬が終わり 春がはじまりますよ」 という意味もあるそうです。

寒さ真っ只中の今日この頃ですが

春の足音が聞こえる日もそこまで来ているようですね。 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のURL
Previous Entry is 七草の節句 >>

七草の節句

2018年01月06日(土)

今季一番の寒さですが皆様体調はいかがでしょうか?

葬祭ディレクターの山本です。

明日 1月7日は七草の節句 七草粥の日です。

お正月でおいしいお料理を食べ過ぎて疲れた胃には、癒しのお粥ですね。

今年初めの五節句である七草の節句のあとは、

3月3日ひなまつり 5月5日子供の日 7月7日七夕  9月9日菊の節句と続きます。

春の七草は(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ~♪)

昔から歌のような言い回しがありますよね。

無病息災を願う大切な日であり、日本の古き良き習わしの一つですね。

 

湘和礼殯館 淵野辺 スタッフ一同も、 葬儀という日本の儀式を大切に

地域の皆様のお役に立てるよう今年も精進してまいります。  

寒い日が続きそうです・・・皆様 お身体ご自愛下さいませ。 

この記事のURL
Previous Entry is 駅伝 >>

駅伝

2018年01月04日(木)

皆様新年如何お過ごしでしょうか。

湘和礼殯館淵野辺 営業プロデュースの弓野と申します。

さて先日の箱根駅伝ですが、青山学院大学が見事4連覇を成し遂げましたね。

湘和礼殯館淵野辺は青山学院大学相模原キャンパスからすぐのご近所関係なので、私もテレビの前で食い入るように応援をしておりました。

懸命にバトンを繋いで走るランナーの姿に新年から思わず胸が熱くなると共に、チームとしての団結力に改めて完成度の高さを感じさせられました。

当館スタッフも、今年もチーム一丸となって皆様のお手伝いをさせて頂きます。

新年のご挨拶

2018年01月03日(水)

 

新年、あけましておめでとうございます。

湘和礼殯館淵野辺の館長、河野でございます。

 

湘和礼殯館淵野辺は今年で10年目を迎えます。

ひとえに皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。

私どもも皆様のお力となれるよう、本年も精進していく所存です。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

この記事のURL
Previous Entry is 一夜飾り >>

一夜飾り

2017年12月30日(土)

皆さま こんにちは 営業プロデュースの室井です。

「一夜飾り」は良くないと聞きますが、なぜなのか調べてみました。毎年新しい年の神様は31日の早朝に家にくるので31日飾るのでは間に合わない、お正月に神様を迎えるのに一夜しか飾らないのは誠意に欠けるということで昔から一夜飾りは避けるようにしてきたそうです。
29日は「9」の数字が「く」=「苦」の文字を連想させるために避けたり、30日も旧暦では大晦日とされているので一夜飾りの同じ意味合いになってしまうと避けたりすることもあるそうで。一般的には28日迄に飾るのが良いそうです。
本日は30日、我が家はまだ飾っておりません。今日、飾り付けが遅くなってしまったことをお詫びし、また1年無事に過ごせたの感謝・お礼の気持ちを伝えて飾りたいと思います。

この記事のURL
Previous Entry is 冬至 >>

冬至

2017年12月22日(金)

 

皆様、こんにちは。葬祭ディレクターの小山です。

さて、本日12月22日は一年の中で最も日が短い「冬至」でございますが、皆様準備の方はいかがでしょうか?

私は昨日のうちにかぼちゃを煮て柚子を買い準備万端ですが、準備をしながら何故冬至の日にかぼちゃを食べて柚子湯に入るのかと疑問が湧いたので調べてみました。

 

冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が蘇ってくることから、「一陽来復(いちようらいふく)」と言い冬至を境に運が向いてくるといいます。

そして「ん」がつく食材を食べると運が呼び込めることから、南京(なんきん)、つまりかぼちゃを食べるようになったそうです。

また、運を呼び込むためには厄払いをするための禊が必要だったため、香りが強く邪気が起こらない柚子を使った柚子湯に入るようになったそうです。

柚子湯は血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪予防をしたりなど様々な効能があるのでこの季節にもぴったりですよね。

また、地域によってはかぼちゃでなく「こんにゃく」を食べる地域もあるそうです。

それぞれの方法に合わせて冬至を過ごし、運を呼び込んで新年を迎えられるといいですね。 

 

湘和礼殯館淵野辺では毎日10:00から16:00まで開館しております。

家族葬、ご葬儀といったことからご法事や日々のご供養までご相談を承っております。 

寒さも厳しくなってきておりますので、ご来館の際には防寒対策を万全にしてお気をつけてご来館なさってください。