葬儀の湘和会堂(神奈川)
会社案内 採用情報 個人情報保護
Q&A
コンテンツ
こだわり こだわり
葬儀の流れ 葬儀の流れ
施設紹介 施設紹介
生前相談 生前相談
Q&A Q&A
スタッフ紹介 スタッフ紹介
交通案内(アクセスマップ) 交通案内(アクセスマップ)
供物・生花のご案内はこちら

葬儀に関するご質問・メール受付・資料請求

姉妹施設のご紹介

こもれびの会 グリーフケアの取り組み

あっぷるくらぶ


一覧服装ふくさ・香典通夜葬儀・告別式焼香数珠寺院・戒名・お布施会食

葬儀後の法要葬儀後の手続き会葬のマナー様々な風習・しきたり


様々な風習・しきたり
神棚封じってなんですか?
神道において、死は穢れと考えられているので、家族の逝去の際、神棚(神様)にその穢れが移らぬ様、神棚を半紙で封じます。これが神棚封じです。
神道では本来神棚に祀ってある神様に、家族の死を報告する帰幽報告の儀(きゆうほうこくのぎ)をおこなってから、神棚の社の扉を閉め、その手前に白い半紙を貼り付けて神棚を封じます。葬儀が終了後、祓除けの儀(はらいよけのぎ)を行い、封じてあった神棚の半紙をはがします。
葬儀を仏式で行った場合、亡くなられた日付から50日後に封印を解く例が多く見られます。神棚を封じる際にはご遺族以外の方にお願いします。

←一覧に戻る


逆縁ってなんですか?
親より子供が先に亡くなり、親が子供を弔うことをいいます。
親がわが子を送るという事はこれ以上の無い深い悲しみの中、精神的な苦痛を和らげようと「逆縁だから火葬場には親は同行しないもの。」などと忌みづけ配慮したそうです。
最近は精神医学的にあえて悲しみの中の現実から逃避してしまってはかえって心の傷を深くしてしまう。という見解もあります。

←一覧に戻る


友引の日をなぜ気にするのですか?
六曜の一つで、吉凶日を表します。日本では六曜が盛んになってから「友を引く」ということから、亡くなった方が他の人を連れて行ってしまうという俗信が付与され、この日は葬儀をしないしきたりとなっています。現在でもほとんどの火葬場が友引を休みとしていますが、近年では友引を気にしないで営業している火葬場も出てきています。

←一覧に戻る


なんで御飯に箸を立てるのですか?
そのご飯を枕飯・一膳飯と呼び、食べ物の魅力で死者を甦らせたいという願いがこめられています。また、息を引き取るといったん善光寺にお参りするので、そのお弁当ともいわれております。そのために「お召し上がりなさい」とお供えしているものといわれております。また、炊いただけを盛りきり、他の人には差し上げないというしるしに箸をたてる古代人の縁切り法という解釈もあります。(浄土真宗では行いません)

←一覧に戻る


なぜお清めとして「塩」を使うのですか?
日本古来の神道の考えでは「死を穢れ」としその穢れをはらうという意味から「塩で清める」という行為につながっています。神道で言ういう「穢れ」とは「気枯れ」とも言われ、人が亡くなって悲しみ嘆き「気」が「枯れてしまった」状態の事をさすそうです。その「気枯れ」から元の状態に戻す為に「清め」があるのです。「清め塩」を用いるのも一つの方法です。日本人は神仏を共に敬う傾向にあり神道と仏教を厳格に区別していません。そのような考えから人々は神道を意識することなく清めるので俗習と言えます。
また、仏教の葬儀儀礼には「清め塩」はないそうです。仏教の葬儀では亡き人を通して自らの「生」を学ぶ場であるという考えもあり「死を穢れ」とすることはありません。
私たちは誰もが死に対する「怖れ」や「悲しみ」を抱えています。そうした「怖れや悲しみから逃れたい」という心が「お清め」という行為につながっているのでしょう。

←一覧に戻る


心付けというのはどういうものですか?
心付けは、霊柩車の運転手・タクシー・マイクロバス・スタッフ等葬儀に携わる係員に対するお礼として慣例的に行われていましたが、弊社では今現在、そういった心遣いより、より故人を送って差し上げる事に専念していただく為、心付け不要を前提としてご手配・お手伝いをさせていただいております。(一部民営火葬場は除く)

←一覧に戻る


一覧服装ふくさ・香典通夜葬儀・告別式焼香数珠寺院・戒名・お布施会食

葬儀後の法要葬儀後の手続き会葬のマナー様々な風習・しきたり


←HOME↑ページトップへ
Copyright © 2007 Showa Kaido. All Rights Reserved.