葬儀の湘和会堂(神奈川)
会社案内 採用情報 個人情報保護
Q&A
コンテンツ
こだわり こだわり
葬儀の流れ 葬儀の流れ
施設紹介 施設紹介
生前相談 生前相談
Q&A Q&A
スタッフ紹介 スタッフ紹介
交通案内(アクセスマップ) 交通案内(アクセスマップ)
供物・生花のご案内はこちら

葬儀に関するご質問・メール受付・資料請求

姉妹施設のご紹介

こもれびの会 グリーフケアの取り組み

あっぷるくらぶ


一覧服装ふくさ・香典通夜葬儀・告別式焼香数珠寺院・戒名・お布施会食

葬儀後の法要葬儀後の手続き会葬のマナー様々な風習・しきたり


通夜
通夜ってなんのために行うのですか?
本来通夜とは、家族や近親者、親しい友人などに限られ、故人と深いかかわりを持つ人が別れを惜しみ、死者の霊を守り、慰めるためのものでした。
それほど親しい関係にない人は、葬儀告別式に参列するものでしたが、ここ最近では、お葬式・告別式に出張などで都合がつかない方などがお通夜に訪問することもあります。
現代では、告別式か通夜かどちらかに出席すれば礼をつくしたと考えるようになってきています。

←一覧に戻る


昨日、通夜に参列したら「塩」を頂けなかったのですが?
お通夜に参列された宗教はどのような形式でしたか?キリスト?神道?仏教?
日本の葬儀ではいろいろな宗教に出会いますが、神道系の葬儀は基本的に清め塩が必要と言われております。
極端な言い方をしますとその他の宗教では「清め塩」は不要であり、ドライアイスが無い時代に用いた遺体保存手段が「塩」であったことから「魔除け」「穢れ祓い」という言われもあります。
仏教ではむしろ「人の死は自然」という解釈から基本的に「塩」による清めはありません。
但し今は宗教的思想よりも大切な人の死、悲しみから逃れ、自分はこのような思いをしたくない、立ち直る術として用いられることも多々あり一つの節目としての考え方が広く伝わっております。

←一覧に戻る


一覧服装ふくさ・香典通夜葬儀・告別式焼香数珠寺院・戒名・お布施会食

葬儀後の法要葬儀後の手続き会葬のマナー様々な風習・しきたり


←HOME↑ページトップへ
Copyright © 2007 Showa Kaido. All Rights Reserved.