2016年12月20日(火)

年末年始のご面会

テーマ:
最近は葬儀場でのご安置を望まれる方が増えており、少しでもご家族がご自宅の居心地で故人様に付き添って頂く為に、一葬家一室のご安置室の『貴殯室』を新設しました。24時間ご面会にお越し頂けます。 年末や年始もご相談やもしもの時のお迎え、当社施設でのご安置に対応致します。 12/26(月)10:00~14:00でも湘和会堂平塚にて施設見学会を行い ご安置室『貴殯室』や3つの家族葬式場含む広さの異なる6つの式場をご覧い頂けますので是非おいで下さい。
この記事のURL
Previous Entry is おもてなし >>

2016年12月02日(金)

おもてなし

テーマ:

ご葬儀は故人様の人生を尊ぶと共に皆様に感謝の気持ちを伝え想い出を語らい偲ぶ場であると考え、お一人おひとりへのおもてなしを大切にしております。

特に儀式と食は心の繋がりの面で関係があり、集う場で振る舞うお食事を通して生命の尊さを共有しご家族が自然と気持ちを伝えられるのではないでしょうか。


そこで当館の通夜料理は温かい物、冷たい物をお食事の様子に合わせて提供する面前調理を標準のおもてなしとしています。お料理は儀式文化に則った精進料理と魚介を使用した創作料理からお選び頂き、江戸前すしはその場で握り天ぷらは会食室内で匂いの少ない菜種油を使用して揚げた熱々のまま、油の匂いを気にせずお召し上がり頂いております。

 

12/26 10時~14時 当館にて 通夜料理の一部を試食できる施設見学会を行ないます。是非ご参加ください。

2016年11月24日(木)

生前相談からのご質問より

テーマ:

最近は事前のご相談をされる方も増えており そのご相談の中から度々伺うご質問もございますのでその一部をご紹介いたします。

【質問】 過去に病院内で霊安室に移動した葬儀社に葬儀も勧められた事があります。病院によっては葬儀社が決まっているの?

【答え】大きな総合病院等には病室から霊安室に移動する葬儀社が常駐している場合もございますが、葬儀のご依頼は別になります。ご希望の葬儀社があればその時点で連絡し、ご自宅などご希望の場所にご安置してもらいます。まだ葬儀社が決まっていない場合は病院常駐の葬儀社にご安置まで依頼する事が出来ますが、そのままご葬儀の日程等まで決めてしまうとその葬儀社に依頼した事になるので「葬儀社は検討します」と伝えることが良いでしょう。

50数年ぶりの11月の雪が観測され 寒い日も続きますが どうかご自愛ください。

2016年09月03日(土)

見学会や生前相談

テーマ:
こんにちは! あっという間に夏も終わりもう9月に入りました。 とは言えまだまだ残暑が厳しいのでお身体ご自愛ください。 湘和会堂平塚では、定期的に施設見学会を行っています。 最近よく言われている  家族葬ってどんなの? もしもの時はどうしたらいいの?  など疑問をお持ちの方も多いのでないでしょうか。 ぜひ、見学会にお越しいただき実際にご覧になって頂き疑問を払拭してください。 見学会以外でもいつでもお越しいただき館内をご覧いただくこともできます。ご心配なことがありましたらお電話でも対応させて頂きます。 見学会の日時はホームページでもご覧いただく事ができますが、随時このブログでもご案内させて頂きます。        平塚市八千代町7-18            0463-22-0257              湘和会堂平塚 館長 宮杉 知佳

2016年07月19日(火)

メモリアルフォト

テーマ:
こんにちは 湘和会堂 平塚の 田辺 光明です。 7月も半ばを過ぎいよいよ夏本番です、水分をこまめにとられて熱中症には十分注意が必要ですね。 さて今回は「遺影」についての掲載です。 先日葬儀のお手伝いをさせて頂いた際にご会葬の方からご質問を頂きました、「この写真(遺影のこと)は湘和さんで作ったの?」と。   「はい、そうです」とお応えすると、 「上手に直してくれるのね?」       「いいえ修正とかはしてないんですよ」 「あらそうなの」   「はい、ただし背景だけは消してます」と。 遺影の写真はなるべく綺麗でその人柄が偲ばれるものであれば正面を向いていなくても構わないと私は思います。 この時のものも少し斜めを向いていて口を少し開けて語りかける様な感じのお顔の写真でした。 もちろん衣服を別の物に差し替えたりも可能ですし、不要な部分を消すこともできますし、「遺影確認システム」といいまして実際にどのような感じに遺影が仕上がるか確認していただくことも可能です。 湘和会堂平塚では8月16日にメモリアルフォト撮影会と題して遺影撮影会を開催致しますのでご参加希望の方はお問い合わせください。      ご連絡先 0463-22-0257   湘和会堂 平塚        住所:平塚市八千代町7-18               担当 宮杉 または 田辺まで

2016年07月07日(木)

広さの異なる複数の家族葬ホール

テーマ:

こんにちわ 湘和会堂平塚の田辺です。

先日あるお客様から「湘和さんって大きな式場だよね?家族葬なんて頼まれてはくれないのよね」なんて云われてしまいました。

実は湘和会堂平塚では家族葬式場が3会場あります。

10名様位までの式場,15名様までの式場,30名様までの式場
それぞれ家族葬式場で家族だけか、親族も呼ぶのかなどお呼びいただく方々のご人数でご案内する広さが異なります。

「広さの異なる家族葬式場を複数ご用意しておりますので宜しければいつでもご見学にお越しくださいませ」とお答えさせていただきました。

「あらそう、じゃあ今度行ってみようかしら」とお言葉を頂きました。

湘和会堂平塚では毎日10時から17時まで 式場内の見学が可能です。お近くを御通りの際はお立ち寄りくださいませ。

また定期的に施設見学会も行っており、その際は通夜料理の試食や葬儀相談も可能です。

平塚市八千代町7-18
0463-22-0257
湘和会堂平塚
田辺 光明

この記事のURL
Previous Entry is 紫陽花 >>

2016年06月06日(月)

紫陽花

テーマ:
こんにちは 湘和会堂平塚の田辺です。

6月に入り日中は気温が上がり暑くなってきたかなと思う日もありますが朝晩はまだまだ冷え込んだりします。風邪など引かないようにお気をつけください。


さて6月といえば「梅雨」の時期になりますね。
しとしとと雨が続き、またジメジメとしたあまりいい時期ではないのですがこの6月の代表的なお花とといえば多くの皆様が頭に浮かばれるのが「紫陽花(あじさい)」かと思われます。


個人的に「紫陽花」大好きな花です。

「紫陽花」はご存知の通り色が変化していく為に「移り気」とか「浮気」とかマイナスイメージの花言葉がありますが、それとは別に「謙虚」とか「寛容」という花言葉もあります。

紫陽花の小さな花びら(蕚〔がく〕)が寄り集まって咲いている姿から「一家団欒」とか「家族の結びつき」という花言葉もあります。

家族の結びつきを意味しているので結婚式の装飾のお花やブーケとして人気があるのも頷けます。

湘和会堂平塚も家族や親族の結びつきから人と人との結びつきのお手伝いをさせて頂いております。

平塚市八千代町7-18
湘和会堂平塚   0463-22-0257

田辺  光明

2016年05月25日(水)

湘和会堂平塚見学会開催

テーマ:

こんにちは。湘和会堂平塚の田辺です。

個人的には辛かった花粉症がほぼ治まり体調も万全です。
皆様はいかがでございますか、朝晩は急に冷え込んだりして体調を崩しやすいのでお気をつけください。

さて5月29日の日曜日ですが湘和会堂平塚では10:00~14:00まで施設の見学会を開催致します。

当日は式場の見学はもちろん、ご提供させて頂いている通夜料理のご試食もございます。

また実際にお飾りしている祭壇、たくさんのお花で彩る「追悼生花祭壇」や「灯り花園」、10名様位までの方々で送る「家族葬式場」、

ご自宅でお休み頂くような専用ご安置施設「貴殯室」など当社オリジナルのご提案をさせて頂きます。

また色々なご質問にお答えする「葬祭講座」も11:30から御座います。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。お気軽におこしくださいませ。


平塚市八千代町7-18     0463-22-0257

湘和会堂平塚  田辺 光明

見学会でも展示される追悼生花祭壇

この記事のURL
Previous Entry is 新緑の五月 >>

2016年05月01日(日)

新緑の五月

テーマ:
こんにちは 湘和会堂平塚の田辺です。 平成28年も4か月が過ぎ暦はもう5月。5月は新緑の季節であるとともに、様々な花が咲く季節でもあります。 近所を散歩していると道端や公園に白や赤の「つつじ」の花が咲き誇っていて、男女問わずお花って心を和ませてくれるものだなと思いついつい足を止めてしまいます。 さて、先日生前に「葬儀の相談をしたい」というお客様がいらっしゃいましたので湘和会堂平塚にご来館を頂きお話を伺わせて頂きました。 「私はお花が好きだったからお花に囲まれたいの」とご自分のもしもの際のご相談でした。 「それではこのようなお品物がございます」とパンフレットをご覧頂き、 「こちらは、花園灯り(はなぞのあかり)と申しましてお亡くなりになられた方の周りをお花でいっぱいにしてお飾りできるお品物です」 「お花の色や種類もお客様の希望でご用意も可能です」 「あっ、これいいわね。綺麗ね」とおっしゃられていました。 湘和会堂平塚では実際のお品物をご覧頂ける見学会も行っており、きたる5月29日の日曜日の10時から14時まで施設見学会を開催させて頂く予定です。また近くなりましたら詳細をご紹介させて頂きます。                  平塚市八千代町7-18                       0463-22-0257                         湘和会堂平塚   田辺 光明
この記事のURL
Previous Entry is お焼香 >>

2016年04月16日(土)

お焼香

テーマ:
こんにちは 湘和会堂平塚です。 先日湘和会堂平塚でお葬儀のお手伝いをさせて頂いている際に 「お焼香は何回したらいいですか?」と聞かれたことを思い出しましたので今回はお焼香について記載します。 . お葬式でお焼香をする意味は、仏教においてお香は不浄を祓う(清める)ものとして重要な供養の一つとされていたからであり、またご遺体の臭い消しとしての実用的な意味合いもあった為です。 さてお焼香の回数ですが「1~3回」に分けられます。宗派によって焼香の回数が違うのはその回数に込められた意味が違うからです。 1回・・・「お別れの1本線香」というように仏教では死を「一に帰る」と捉えているから。 2回・・・1回目は故人のご冥福を祈って行い、2回目はその1回目の香を絶やさないようにお香を加えるという意味が込められてます。 3回・・・仏教において「3」という数字は様々なものを表しているとされている為です。3回のお焼香を行うことが三業(身・口・意)を清めると    いう説や、三宝(仏・法・僧)に捧げるという説、三毒の煩悩(貪・瞋・癡)を一つずつなくすという説など。 お焼香を終えたら遺影に向かって合掌、一礼してご自分の席に戻ります。 何かお役にたてればと思いまして載せてみました。 神奈川県平塚市八千代町7-18  湘和会堂 平塚  TEL 0463-22-0257              田辺 光明
この記事のURL
Previous Entry is 春 >>