カルチャーBONDS 緊急の方へ 0120-24-8130 365日24時間受付で対応しております
こだわり 葬儀の流れ 施設紹介 スタッフ紹介 Q&A 生前相談 供物生花のご注文 お問い合わせ 交通案内
季刊誌「KOKO」バックナンバー 季刊誌「KOKO」バックナンバー

HOME > 季刊誌「KOKO」バックナンバー


【KOKO 第48号】

【KOKO 第48

僕の女房自慢  藤原 清さん、未子さんご夫妻

―私の健康や心地よさを一番に考えてくれる、家庭的でやさしい妻です。

KOKO PEOPLE  小山 明子さん

―大島が今日1日を精いっぱい生き、そして安らかな最期を迎えるために、私ができることを一生懸命やろう。
後悔しない生き方をしようというのが、私のテーマになりました。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(2.34MB)

(1.6MB)


【KOKO 第47号】

【KOKO 第47号

僕の女房自慢  成P 淘平さん、愛子さんご夫妻

―家内は明るくて笑顔がいいんだ。人と話すことが大好きで、たくさんの友達に頼られているよ。

KOKO PEOPLE  楳林 郁夫さん

―がんになったのは、神に降参しなさいという意味かもしれない。
がんと対話しながら、僕へのメッセージを受け取っていこうと決めました。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.19MB)

(2.57MB)


【KOKO 第46号】

【KOKO 第46号

僕の女房自慢  鬼塚 護さん、春江さんご夫妻

―家内は今も現役キャリアウーマン。趣味の踊りもずっと続けていて、毎日いきいきと飛び歩いています。

KOKO PEOPLE  山本 雅基さん

―「きぼうのいえ」は病を抱えた身寄りのない人、ホームレスが、わが家のように暮らしながら
死を迎える、いわば名もなき庶民のためのホスピスです。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.55MB)

(524KB)


【KOKO 第45号】

【KOKO 第45号

僕の女房自慢  岸田 徳二さん、邦子さんご夫妻

―家内はスポーツで鍛えた体育会系。いつもアクティブで若々しく輝き、頼りになる最高の友だちですね。

KOKO PEOPLE  石川 好さん

―インドほど死を許容し、生と死が共存している国はない。
医師は日常的に死と向かい合いながら、尊い経験を積み重ね、着実にレベルを上げているわけです。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.43MB)

(505KB)


【KOKO 第44号】

【KOKO 第44号

僕の女房自慢  須藤 正博さん、政子さんご夫妻

―「一緒にいるだけで幸せよ」が家内の口癖。とてもやさしくて明るい、何よりも大切な人です。

KOKO PEOPLE  細谷 亮太さん

―生き死にの 話を子等と 油照り (喨々)

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.23MB)

(767KB)


【KOKO 第43号】

【KOKO 第43号

僕の女房自慢  菅沼 直亮さん、シマさんご夫妻

―明るく、へこたれず、笑顔で生きる妻に心を打たれます。本当にがんばりやさんです。

KOKO PEOPLE  清川 妙さん

―旅で出会う人はみんなすてき。不思議と知的な人が現れます。景色や食べ物よりも、旅先で
知り合った人と話すのがなにより楽しい。人を見て、人とふれあう。そのつど新しい出会いがあります。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.9MB)

(525KB)


【KOKO 第41号】

【KOKO 第41号

僕の女房自慢  野村 重光さん、美英子さんご夫妻

―明るく、へこたれず、笑顔で生きる妻に心を打たれます。本当にがんばりやさんです。

KOKO PEOPLE  岸 朝子さん

―私は98歳まで生涯現役が目標。そのためには、きちんと食べること。「命は食にあり」です。
そして、ナンクルナイサァの精神で、ゆっくり年をとっていきましょう。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード

(1.01MB)

(526KB)


【KOKO 第40号】

【KOKO 第40号

僕の女房自慢  大谷 武生さん、美佐子さんご夫妻

―気の強いおふくろに耐え従って最後までよく面倒みてくれた。そういう女房なんだよね。

KOKO PEOPLE  アルフォンス・デーケンさん

―誰の人生でも、ひとつのドアが閉まれば、必ず他のドアが開かれる。
悲劇的なのは、閉まったドアばかりに目を向けて、開かれたドアを見ようとしないことです

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード
(1.94MB) (631KB)

【KOKO 第39号】

【KOKO 第39号

僕の女房自慢  川口 敏夫さん、通恵さんご夫妻

―末っ子でおっとりしていたのが、だんだん気丈になってきました。それだけ必死だったと思います。

KOKO PEOPLE  山脇 恵子さん

―色は使い方によって、心を支え、生きていくエネルギーをくれるもの。
「今、何色を見たら、心地いいか」、自分の心の動きに気持ちを向けて安心できる色を見つけてください。

外面PDFをダウンロード 内面PDFをダウンロード
(1.21MB) (930KB)

Get Adobe readerPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(Acrobat Reader)が必要です。Adobe社のウェブサイトより、無料でダウンロードできます。

←HOME↑ページトップへ
カルチャーBONDSは、家族葬からご会葬の方々が多い社葬や大型葬まで、ご葬家のご要望に合わせて安心してご利用いただける落ち着きのある葬祭ホールです。上質のサービスとおもてなしの心で、ご会葬の方々をお迎えいたします。「大切な家族を心のこもったお葬式で送ってあげたい」、「自分らしいお葬式で最後を迎えたい」、「残していく家族に負担をかけたくない・・・」など、大切な人とのお別れや自分のお葬式について、あらかじめ考えておきたいということで、生前相談に対する関心が高まっており、弊社にも日々様々なご質問やご相談をお寄せいただいております。

こだわり葬儀の流れ施設紹介スタッフ紹介Q&A緊急時対応の流れ生前相談会社案内個人情報保護について

ジャスダック上場企業 平安レイサービス株式会社【直営葬祭ホール】

Copyright © 2007 Showa Kaido. All Rights Reserved.